退去の時に困らない!賃貸契約の豆質き

このサイトでは、賃貸物件からの退去について、基本的なことを中心にまとめています。
記事を検索

退去時に困らない賃貸ガイド

住まいの中でも、賃貸は、もっとも身近なものかもしれません。
おそらく購入物件よりも多く、とりわけ、賃貸の集合住宅は、どこにでもある印象です。
有効利用できる土地の少ない日本では、高さに居住空間を求めるのは当然のことでもあり、都市部であれば、高層マンションがたくさんあることもまた、当たり前のことでしょう。
そんな賃貸物件のメリットとしては、自由意思によって、退去が可能であることです。
多くのケースでは、契約更新時に退去をするようですが、それを待たなくでも、自由に行えます。
慣習的に、退去の一ヶ月前までに不動産管理会社などに連絡し、引越し予定日などを伝えます。
予定日から一週間経過しなければ、翌月の家賃が発生しないことになります。
もっとも、予定日をきちんと守ることが重要なことでしょう。
いずれにせよ、賃貸物件のメリットは、退去が自由であるということです。
しかし、退去の際には、気を付けるべきことがあります。
たとえば、原状回復があります。
これは、借りたものであるため、再度利用できる状態に、借主が戻す必要があることです。
また、状況によっては、修繕費を支払う必要があり、これもまた、原状回復と関係があります。
あるいは、負担部分でトラブルとなる可能性があります。
解決方法には、種々のものがありますが、最悪は裁判ということになります。
全国でも、色々な問題が発生し、所有者が異なるということが、そういう問題の引き金になるのでしょう。
けれども、そうだからといって、賃貸そのものを止めてしまえば、社会生活全体に影響を与えてしまうため、非現実的なことです。
大事なことは、賃貸とは何か、そうして、入居時ばかりでなく、退去時のことをしっかり弁えておくべきでしょう。
それには、貸主も借主も、賃貸に対する一定の理解が必要です。
さらには、仲介業者もまた、退去などについて、十分な説明を行い、疑問があれば、きちんと答えるようにすることが、いたずらなトラブルを引き起こさないことにつながります。
結局は、関係者の節度ある態度に到り着くとも言えるでしょう。
このサイトでは、こんな賃貸にスポットを当て、退去時のことについて、説明しています。
上記に関したことを個別の記事にまとめていますが、いずれも重要なことです。
少しでもお役に立つようであれば、作成者として、なによりです。
Copyright (C)2014退去の時に困らない!賃貸契約の豆質き.All rights reserved.